1. TOP
  2. sweets
  3. アイスボックスクッキーを焼こう!

アイスボックスクッキーを焼こう!

sweets  

こんにちは~♪

元パティシエめいきたがお届けするお菓子レシピです。

 

いつも差し入れをいただくので、お返しに、クッキーを焼くことにしました。

リクエストがあったので、アイスボックスクッキーです!

アイスボックスクッキーって?

バターの割合が少し多くて、成形する時に、冷蔵、冷凍で冷やし固めて、カットしたクッキー生地を焼きます。

初心者でも、比較的きれいに仕上げることができ、日持ちもするのでおもたせにおススメです。

また、生地をコンパクトな状態で冷凍できることから、早めにクッキー種を仕込んでおいて、必要な時に必要なだけ焼くことができるので、便利ですね。

友チョコ代わりに大量に焼く時でも、たくさん仕込んで一気に焼くことができますね。

ただし、冷やす時間が必要なので、急ぐ場合には不向きです。

だいたい、種を前日に仕込んで、棒状にして冷凍しておき、翌日以降にカットして焼きます。

冷凍庫にいれたクッキー生地はだいたい1ヶ月以内に焼いてくださいね。

ちびこ
難しくはないですか?
Mei
基本的には材料を合わせていくだけですし、バターの状態さえ間違えなければOKですよ。
ちびこ
バターの状態ですか?
Mei
合わせる前は常温においた柔らかいものを使いますが、粉を合わせたら、常に冷たい状態で扱い、少しでも緩んできたなと思ったら、すぐに冷蔵庫に入れて締め直してくださいね。
ちびこ
そのままやってはダメなんですね?
Mei

そのままやると形が崩れてしまいます。

クッキーも、ベタっとした広がった物になるので、独特のサクッと感がだいなしになってしまいます。

ちびこ
デリケートなんですね。
Mei
お菓子作りは状態がとても大切なんですよ!
ちびこ
いつも手抜きめいさんがまともなこと言ってる・・

アイスボックスクッキーの材料

  • 無塩バター 240g
  • 塩      4g
  • 砂糖    120g
  • 卵      1個
  • バニラオイル 2~3滴
  • a薄力粉 200g
  • aベーキングパウダー 小さじ1/3
  • b牛乳  大さじ1
  • c薄力粉  180g
  • cベーキングパウダー 小さじ1/3
  • cココア   20g

 

 


アイスボックスクッキー準備

  • バターと卵を常温にしておく※1
  • 全て計量して、a薄力粉とベーキングパウダーは合わせてふるっておく
  • c薄力粉とベーキングパウダーとココアも合わせておく

※1プロ技:バターが冷蔵庫から出したてで固くても、電子レンジで『溶かさずに柔らかく』するのはかなり難しいです。スケッパー(なければナイフで可)で薄く切って、ボウルに張り付けておきます。比較的早く柔らかくなりますよ。

また、常温とは23度のことです。真夏に32度の部屋に置いておくのも柔らか過ぎます。固すぎても柔らか過ぎても、他の材料が入っていかないので、このバターの状態が今回のポイントです。

アイスボックスクッキー作り方

1.柔らかいバターを、ホイッパーでクリーム状まで混ぜます。

初め固ければ、木べらで、ボウルに押し付けるようにして、柔らかくしてからホイッパーを使ってください。

2.まんべんなく柔らかくなったら塩・砂糖を加えて混ぜます。

塩が固まるといけないので、ちゃんと指先で、ばらして広げるように投入してください。

泡立てるわけではないので、すり混ぜることを意識して、混ざれば大丈夫です。(やや白くはなりますが、真っ白のフワフワにはしない!)

3.卵は全卵を使いますので、竹串や、フォーク等を使ってよくほぐしてください。

また、後々成形で卵白を使いますので、二色を貼り合わせるように成形しようと思っている場合は、通常はMサイズの卵を使うのですが、やや大きめ(Lサイズ等)の卵にして、混ぜる前にほんの少し取り分けておくとよいですね。

卵にはバニラオイルを加えてください。

それを2~3回に分けて生地に加えていきます。

加える度に、きちんと混ざるまでしっかり混ぜてください。

4.ここまできたら、プレーン生地とココア生地に分けてそれぞれに粉類を入れます。

この配合でしたら、200gがふたつできます。

別のボウルにココアの方は取り分けておいておきます。

5.aの合わせてふるった粉類を一度に入れます。

ゴムベラに持ち替えます。

縦に2回、生地を切るように混ぜ、グルっとボウルの縁を半周ほどゴムベラで掻きます。生地をおこしてボウルの丸みを利用して混ぜるイメージです。

1.切る 2.切る 3.大きく混ぜる

の繰り返しです。練らないように気をつけましょう。

ポロポロと、生地がくっついてきます。

6.しっとりとまとまる寸前に混ぜるのを止めて、ラップで包んでしまいます。

200gのプレーン生地が2本できあがりです。

7.チョコレート生地を仕上げます。

ココアを入れると生地が締まって固くなるのでbの牛乳を入れてホイッパーで混ぜます。

cの粉類をざっと混ぜてからふるいます。

そして一度に入れて、先ほどと同じように1.2.3.と混ぜていきます。

これでココア生地も200gがふたつできましたね。

どちらも冷蔵庫で30分以上寝かせておきます。

 

8.プレーン生地から順に台に取り出し、練って一つにまとめます。

あまり練ってはダメなんですが、ここで練らないと、穴のあいた生地になります。

練りすぎないようには注意してください。

好みの形に成形して冷凍庫に入れます。

・市松模様にする場合は、同じ長さの四角い棒状の物を2色作っておいて、一旦冷やし固め、半分に切って張り合わせ、それを半分に切って、互い違いの色になるようにまた張り合わせます。

・この時の接着の『のり』に卵白を使います。

・渦巻き状も、適当過ぎて模様がちゃんと出ていませんが、張り合わせる時は卵白を使っています。

・プレーン生地から切るのは、色のないものから切るという基本に沿ったもので、白い生地に黒い生地がつかないようにするためです。

・ココア生地にはアーモンドスライスが家にあったので、あらかじめ軽くローストしておいて(計っていませんが20g位だと思います)加えて筒状にしました。

・プレーン生地には切る前にグラニュー糖を回りにまぶしてあります。

生地がゆるんできたら絶対に無理をせず、冷蔵庫の力を借りましょう!

 

9.翌日以降を推奨しますが、お急ぎなら1時間くらい生地をしめてからカットします。

厚みは5~10㎜の間で好みでかまいませんが、同じ厚みに切ることがポイントです。

厚みが違うと焼きあがる時間に差がでて、焼きムラができてしまいます。

私は8㎜くらいを目指して切ります。

あまり薄いとクッキー本来の美味しさを味わえませんので。

クッキングシートを天板に敷いて、クッキーを同じ間隔で並べます。

キレイに並べるのも焼きムラを減らすためです。

 

10.クッキーを焼く

オーブンの温度は170度位、10分位で設定しておいて、焼きムラを減らすために上下・前後をすばやく入れ替えて、まんべんなく焼きます。

時間はオーブンや、生地の厚みによって違いますが、13~18位で焼きあがると思いますので、焼き過ぎないように、最後はちょくちょくみてあげてくださいね!

プレーン生地は色で焼き上がりが判断できると思いますが、ココア生地はなかなかわかりづらいので、わからなければプレーン生地を先に焼き、その時間に合わせれば良いかと思います。

見た目はうまく説明できないのですが・・・アーモンドやピスタチオ等が入っているなら、そのナッツの色を見てください!ほんのり焼き色がついていたらOKでしょう。

 

冷めたら湿気を防いで保管してくださいね!

余った生地を合わせて、あまり混ぜないように合体させればマーブル模様になりますので、2番生地も最後まで美味しく食べて欲しいです。

いろんなアレンジができるアイスボックスクッキーですから、お好きにアレンジしてみてくださいね。

 

材料はもちろん、ラッピングもお菓子・パン作りの総合サイトcottaさんやTOMIZ(富澤商店)オンラインショップさんで揃います!ラッピングのヒントもたくさんあるので、元パティシエめいきたもよく使わせていただいてます!

 

 

今日もありがとうございました!




\ SNSでシェアしよう! /

お菓子のレシピとのんびりブログの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

お菓子のレシピとのんびりブログの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

meikita

関連記事

  • いつでも大好きプリンを焼こう!

  • 生チョコでシンプルにバレンタインに愛を送ろう!簡単レシピとコツ

  • モンブランクリームを手作りしたらハイクオリティなモンブランプリン♪

  • シフォンケーキをささっと作ろう!基本のレシピと簡単デコレーション

  • ティラミスレシピ★プロが教える失敗しない作り方

  • 優雅なお菓子フロランタンで素敵なティータイムを!