1. TOP
  2. 今日のごはん
  3. 親子丼の鶏肉は柔らかく卵をトロトロにするヒントと付け合わせ

親子丼の鶏肉は柔らかく卵をトロトロにするヒントと付け合わせ

親子丼を作ってみよう!

手軽などんぶりは、忙しい主婦の味方。

休日のお昼にもぴったりですよ!

親子丼の材料

鶏肉 300g程度
たまねぎ 小1個
4個
あれば三つ葉 1束
だし汁 160cc程度
 大さじ1~
砂糖  大さじ1~
しょうゆ  大さじ1.5~
 塩  少々

 

親子丼の作り方

1.鶏肉は適当な大きさにカットし、酒と塩少々で洗ってしばらくおく。

ここで酒と合わせることで、鶏肉が柔らかくなり、味がしっかりとしたものになります。

2.鍋にだし汁を入れ、酒と砂糖、しょうゆを入れ、たまねぎが柔らかくなるように煮る。

酒、砂糖、しょうゆの割合は、

 

(大さじ)1:1:1.5位から始め、

一口飲んでみて(味見)

足りないものを足すようにする。

ちびこ
どうして調味料の量を決めないのですか?
Mei
地方によってもご家庭によっても味って違うじゃないですか?関西は比較的甘めです。お菓子と違って各家庭で一番おいしいと思う味に合わせるのが毎日の料理にはいいと思うんです。!
ちびこ
なるほどですね!
Mei
それに計らないで済んだら早くできるじゃないですか!
ちびこ
そんなことだと思いました。。。

 

3.鶏肉を2の鍋に加えて煮る。(色がしっかり変わるまで、2~3分)

Mei
肉が入るとまた味が変わるので、最終の味見をしてください!

4.卵はほぐしておき、2/3程度回し入れフタをする。

5.クツクツなったら残りの卵を流して、再度フタをして火を止める。

6.どんぶりにご飯をよそって用意し、5を上にのせる。

7.あれば三つ葉を散らす。

 

みりんを入れると味が上がりますが、肉が固くなることがあるので、もしみりんを入れる場合は、卵を入れるぎりぎり前にします。

 

 

鶏肉を始めにお酒で洗うと、柔らかく仕上がりますが、あまり長時間煮すぎると、かたくなってしまいます。火が通ったら、なるべく早く仕上げるようにしたいです。




 

 

本日の付け合わせ

焼き万願寺とうがらし

本当は親子丼の上に飾ろうと思っていたのですが、サイズが大きかったので、今回は焼いてみました。

魚焼きグリルで

魚焼きグリルは火力が強いので、早く焼けて便利ですね~♪

 

なすびの味噌炒め

なすびは乱切りにして水にさらしアク抜きします。

フライパンに油をたっぷりめに入れて強火でなすびを炒めます。

余分な油はキッチンペーパーに含ませて取り除き、みそだれを入れてあえます。

みそだれは今回いただきものを使用しましたが、普通のお味噌だったら、最初に少し砂糖をふって、お酒とお味噌で味付けしてくださいね。

 

豆腐サラダ

あまりものの生で食べられる野菜を刻んで、豆腐をくずしながら加えてドレッシングをかけたものです。

サラダを作るときは一番先に作りましょう!

 

味噌汁

親子丼に切った玉ねぎをこちらに少し利用しました。

あとはワカメとか、簡単に!

 

まとめ

親子丼は、比較的簡単で、時間もあまりかからないので、忙しいときにはちょうどいいスピード料理ですね。

鶏肉の下処理には酒と塩

そして味見をしながら調味料を調節し、

あまり長く煮すぎないのがおいしくいただくコツです。

卵は半熟部分を作っておくことで、口の中でふんわり溶けるような味わいを残すことができます。2/3とか1/3とか、計らなくても全然いいので!

少し最後に流す分を控えておく・・・とだけ覚えておけばOK!

 

早く作ることがおいしくするコツの一つとか、忙しい主婦には助かりますね。

計らないで味見をしながら作るので、次からはもうレシピなしで大丈夫ですね!

時間を有効に使って、自分の時間も作ってくださいね♪

本日もありがとうございました。めいきたでした!



 

\ SNSでシェアしよう! /

お菓子のレシピとのんびりブログの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

お菓子のレシピとのんびりブログの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

meikita

関連記事

  • 美味しい『おうちカレー』の作り方

  • ピーマン肉詰めは夏にいい??

  • たこ焼き美味しい~♪

  • 栗の渋皮煮の作り方

  • 初心者でも早くキレイに料理ができる方法

  • 料理時間を短くする方法第二弾